[Alternative text]
[Alternative text]

震災直後の対応

震災直後の対応 対 顧客、社内

地震直後は自分の身の回り(家族・地域の人々)の中でお互いに助け合うだけでいっぱいいっぱい。顧客との連絡は携帯がまともにつながるようになった翌週末(18日頃)から取れるようになりました。

震災後の災害に対する意識はどう変わったか

まずはリスクヘッジの大切さを痛感しました。

それまで流行の一つとして捉えていた感もある「クラウド」ですが、今回の震災はそれを推し進める機会になったのではないかと思います。

あとは、仕事自体の分散が必要だと感じました。当然、エリアだけで顧客を持つ、あるいは仕入れを持つのはそこが被害を受けた時のリスクを大きく含んでいますので、ある程度の地域・仕事の種類での分散が企業だけでなくフリーランスでも必要だなと感じました。

震災前→後のIT活用をどうしているか

上にも述べたとおり、クラウドの活用を考え直しました。もちろん、それには管理リスクが伴うので、注意して進めています。

あとは逆にITに頼り過ぎない、ということも意識しています。結局のところ、震災直後一番大変だったのは「電気が通じないこと」だったので最低限、身一つでできること、その動き方を改めて整理しております。

震災前→後の経済的影響はあったか

就業支援を仕事としておりますが、プロジェクトの後ろ倒しはあったものの、ダイレクトな影響は出ておりません。

生活の次は仕事を探すフェーズに差し掛かる方も多いので、これからがどう動くか試される時期だと思います。

今回から得た教訓、メッセージなど

とにかく、「信じられるものは自分の手足しかない」ということです。

いかに多くのインフラが人の手によって支えられていたか、ということを痛感し、自分にできる範囲で生き抜く術を身に付けておくことが重要だと感じました。

そして上記にも述べたリスクヘッジをちょっと神経質なくらいに進めておくことが必要です。

ライフライン復旧までの期間

電気:4日

電話:3日

水道:0日(止まらなかった)

ガス:20日

 

 

 

 

 

 

 

震災直後の対応

震災直後の対応 対;顧客、社内

当日は大きな揺れを感じ、すぐ外へと非難しました。
社内には物が散乱し、ライフラインもストップしていたため
すぐに仕事には取り掛かれませんでした。
特に電気が来なかったのが大きかったです。
しかし、ライフラインより気になったのは被災地の事です。
宮城県民として「何かしなくてはいけない」という思いが募り、仕事のできない期間は
友人の安否確認や食料などの提供、被災地へと足を運び泥かきや瓦礫撤去をしていました。
被災地に行き、沢山の時間と人員が必要だと思いました。
そこでweb屋としてできることを考え、半月ほどかけて「復興の兆し」という
サイトをオープンしました。これは時系列で復興の写真を投稿するサイトで、被災者や
ボランティアが復興しているということを実感でき、ボランティアのモチベーション維持
を目的として作りました。
(さらに…)

避難所情報

震災における避難所をご覧頂けます。(Google社)

宮城県医療機関の受信対応状況

宮城県の医療機関の受信対応状況

給水・炊き出し場所

炊き出し場所や給水場所の設置場所のご案内。


仙台市ガス局

仙台のガス復旧状況をご覧いただけます。

水道局からのお知らせ

仙台の水道局からのお知らせをご覧いただけます。

SAVE JAPAN

災害の情報をまとめています。

運営元

仙台ITビジネス研究会

仙台でITを通じて地域の発展に貢献できるビジネスモデルの創出、及び研究をする会として「仙台IT@ビジネス研究会」を発足しました。WEBやITに関わっている企業、個人の皆様、また地元の企業の皆様と共に成長できるようなスキームを構築していきます。